税込8000円以上のお買い上げで送料無料

割れない鏡はおうちのどこに置く?

その安全性の高さから、一般の住宅でもいろいろな場所に置けるのが割れない鏡のよいところ。

おうちのどこに置こうか迷ってしまいます。

どんな目的で割れない鏡を使うかにより、割れない鏡の置き場所や大きさを選びましょう。

玄関

出かける前の身だしなみチェック用として、鏡を置いておきたい場所。

割れない鏡を置くなら、全身が映る姿見サイズが良いでしょう。
髪型から靴まで、コーディネイトを全部チェック出来ます。

玄関に割れない鏡を置くなら

寝室

朝起きて、着替えるときには全身のコーディネイトを確認するために鏡があると良い場所。

夜寝る前にはヨガやストレッチといったエクササイズを全身を映しながらやってみるのもおすすめ。
そんなときには全身映る姿見サイズが良いでしょう。

割れない鏡といっても、大きなものを置く余裕がない狭い寝室もあります。
そんなときは小さめの割れない鏡を壁やクローゼットに貼ると良いでしょう。

割れない鏡を寝室に置くとき

リビングルーム

ここも出来れば大きなサイズの割れない鏡を置くと良い場所。

おでかけ前の身だしなみチェックにも使えます。

スポーツやダンス系の習い事をしている人が家族にいるならば、広いリビングで鏡を見ながらの自宅レッスン用として大きな割れない鏡を置くと良いでしょう。

ウォークインクローゼット

しまっていた服をすぐに合わせたいとき、ウォークインクローゼットの中にも割れない鏡があった方がよいです。

こちらにも姿見サイズの鏡がおすすめです。
丈の長い服を合わせてチェック出来ますからね。

トイレ

一般的な住宅であれば、トイレはあまり広くない場所。
ですから大きな姿見よりはあまり大きくない壁掛けサイズの割れない鏡の方が使い勝手が良いです。

トイレ内に手洗いがあるのなら、手洗い場の上の壁に置く鏡も割れない鏡にしておくと良いでしょう。


割れない鏡のお求めはこちらから

カートに入れる

種類別の割れない鏡

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」