税込8000円以上のお買い上げで送料無料

割れない鏡が使えない場所がある?

軽くて割れないので安心な「割れない鏡」。
でも、どこででも使える訳ではありません。

割れない鏡にも弱点がありますから、置いてはいけない場所があるのです。
それはどんなところなのでしょうか。

火花が飛ぶ場所

リフェクスのようなポリエステルを使うタイプの割れない鏡は、石油製品ですので高温だとフィルムが溶けてしまう危険性があります。

また、リフェクス以外のメーカーの割れない鏡によく使われているアルミも高温にはやや弱く、融点は660度です。

ですから、焚き火をする場所の近くや溶接現場、陶芸工房の窯近くといった場所には割れない鏡を置いてはいけません。
いたずらでライターやろうそく、マッチの火を近づけるのも絶対やめましょう。

キャンプ場・バーベキュー場の炊事場や、直火を使うレストランの調理場近くにも向きません。

湿気の多い場所

割れない鏡は湿気にも弱いです。

プールやお風呂場など、水のかかる場所では、割れない鏡ではなくガラスの鏡を使いましょう。

雨が降った時に吹き込むような場所にも設置しないようにしましょう。
脱衣所でも湿気が大量に流れ込むことがよくありますので、割れない鏡よりガラスの鏡の方がのぞましいです。

温泉施設の源泉関係の施設でも割れない鏡は使わないようにしましょう。

屋外で使う時は、「使い終わったら毎回屋内に収納する」前提で使いましょう。

直射日光が差し込む場所

ポリエステルフィルムは直射日光に弱いので、日が良く当たる場所には向いていません。
サンルームやテラスには置かないようにしましょう。

時間帯によってちゃんと日陰が出来るような場所ならまだいいですが、半野外のような場所にはよくないです。

東プレの割れない鏡

カートに入れる

種類別の割れない鏡

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」