税込8000円以上のお買い上げで送料無料

割れない鏡をダンスのレッスン場に!

ダンスのレッスンをするとき、大事なのはフォームがきちんとできているか、自分で確認すること。

レッスン場には大きな鏡が設置されていたり、壁が鏡張りになっていることも多いと思います。
しかし、ガラスの鏡だと衝突して怪我の危険も…

そんなダンススタジオには、やはり「割れない鏡」がおすすめです。

どんなジャンルのダンスに使える?

割れない鏡はどんなダンスの練習に便利なのでしょうか?

もちろん、全てのジャンルのダンスに使えます。

ジャズダンスからバレエ、タンゴ・タップダンスからヒップホップブレイキン・レゲエといったストリート系のダンス。

または日本舞踊やフラダンス、琉球舞踊などの伝統的な民族舞踊、ベリーダンスポールダンスまで幅広くお使い頂けます。

ダンスの振付けの練習や発表会前のリハーサルにはもちろん、準備運動やクールダウンのストレッチの時にも、きちんと姿勢をチェックすることが可能です。

しかし、特に「割れない鏡」が便利なのはアクションの大きなダンスの練習時でしょう。

ブレイクダンスやレゲエダンスのように大きなアクションが多い踊りだと、バランスを崩して勢いあまって転んだときに鏡にぶつかる可能性がより高くなってきます。

割れない鏡ですと、こうしたアクシデントの時に鏡が割れても、鏡の破片が散りませんから怪我をする事故を防げます。

どんなサイズの割れない鏡を使ったらいい?

ダンスの練習用として割れない鏡を使うのであれば、できるだけ全身が映るサイズであることが大事です。

ですから、スタジオに常に置くのであればなるべく高さが180cm以上あるような大型の割れない鏡を使いましょう。

自宅練習用でも、お部屋に入る限りの縦長サイズの鏡をおすすめします。

背の高い男性だとはみ出る場合もありますが、後ろに下がれば全身映るので大丈夫。

横幅も最低40cm以上、体を広げる動きの多いジャンルならば60cm〜100cmといった広い幅の鏡がベターです。

手足を横に大きく広げる動きをチェックしたい場合、横幅が足りないときもあります。
体を横倒しにしたり、脚を広げるアクションの多いジャンルのダンスでは鏡の横幅はできるだけ広めに欲しい所。

そういった場合は、大型の割れない鏡を並べて使うとよいでしょう。
割れない鏡だと軽いですから、移動するのもすぐに出来ます。

大きな割れない鏡を使う時、壁全面に工事ができないならスタンド付きタイプやキャスター付きタイプが特に良いでしょう。


割れない鏡のお求めはこちらから

カートに入れる

種類別の割れない鏡

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」