税込8000円以上のお買い上げで送料無料

官舎でくらす公務員の家具選びはどうすればいい?

公務員の方には、官舎にお住まいの方も多いと思います。
自衛官、警察官などの保安系公務員の方、または大学や小学校〜高校の教員の方も官舎に住んでおられる方が多くおられます。

いろいろと制限の多い官舎の環境でも、おしゃれで実用的なインテリアを楽しみたいもの。
どんな家具を選べばよいのでしょうか。

官舎住まいの善し悪し

官舎のメリットは、まず職場に比較的近い立地が多い事です。

自衛隊のような指示があればすぐ出動する必要のある職種もあります。

大学だと、夜遅くまで実験する研究系の職種の方だと職場に近いのもありがたいこと。

安く住めるのも、お給料が厳しい若手のうちや、子供がまだ小さく物入りな時期には助かります。

しかし、官舎の中にはかなり年季が入った古い建物も多くありますし、時にはとんでもないおんぼろ物件も珍しくありません。
湿気がたまりやすい構造の古い官舎も多数あります、

「狭く古い物件に当たることがある」「改造ができず、出るときには原状回復が必須」という大原則があります。

しかも、多くの場合選択の余地がなく、オンボロ官舎を避けられるかどうかは完全に運。


職種や地域にもよりますが、新しくて綺麗な官舎にはそう簡単には住めないことも多いのです。

古い官舎が当たっちゃった!

立て替え直後で新しく綺麗なマンションタイプにあたればラッキーです。

しかし自衛隊や海上保安官など転勤の多い職種だと、新しい官舎に当たってラッキーと思ったら次の転勤先でおんぼろ官舎にあたってしまうこともよくあります。

特に転勤の多い職種の公務員の家具選び

逆に、異動が少なく長いこと同じ場所にいることも少なくない大学教員などですと、古い官舎で長く暮らさなければならないこともあります。
ポストの少ないジャンルの大学教員とかだととにかくポストが貰えるならどこにでも行かない先行き厳しいこともありますしね。

赴任先にあまり贅沢も言えませんし、ポスドク時代が長かったり奨学金の返還もあったり、実家の援助が望めなかったりして節約したい人だとなおさら我慢しないといけません。

そうそう早く持ち家を買って官舎脱出とはいきません。

ならば、官舎の環境でも暮らしやすくおしゃれな家具選びをしましょう。

官舎住まいの家具選びの基本

折角きれいな家具を買ったのに、転勤先の古びたアパート風の官舎はおしゃれな家具と馴染まずがっかり、、とならないためにも、官舎住まいで特に転勤の多い方が家具を選ぶ際には色々と工夫が必要でしょう。

古い物件にあたっても、新しい所にあたってもおしゃれに機能的に使える、幅広いインテリアに応用できそうな比較的シンプルなデザインで、丈夫な家具がおすすめです。

また、狭い官舎もありますので、ごつい家具よりもコンパクトで機能的なものがおすすめです。

官舎住まいの家具はコンパクトなサイズを!

ごく一部を除けば、官舎のお部屋はそんなに広くはないところが多いです。

ニュースなどではその「一部」のゴージャスな官舎も報じられますが、公務員全体から見れば決して広くはない官舎の方が多いですからね。

家族用だと2LDK〜3LDLなどですが、リビング以外は6〜4,5畳程度の部屋、というところも多いですし、リビングも狭いところもあります。

なので、とにかくあまり幅をとるタイプの家具は控えた方がよいでしょう。
ベッドならクイーンサイズ以上はちょっと厳しいです。

ダブルサイズ以上のベッドをお求めになるにしても、引き出し収納などがついたものを選んで、部屋のスペースを有効に使えることを考えましょう。

体格が大きかったりして、ベッドがちょっと手狭だな、というときでも、ソファベッドなどを活用して、昼間のスペースを節約するとよいでしょう。

子供部屋のベッドも、同性のきょうだいなら2段ベッド、小柄な姉妹だとショートタイプの2段ベッドにするなどして場所を節約しましょう。
最近はショートタイプのおしゃれなベッドも増えています。

リビングも8畳程度のところが多いですから、ダイニングテーブルも150cm以上の幅はちょっと厳しいでしょうね。
ダイニングは100〜120cmくらいなら、4人家族に対応可能です。
円形タイプのダイニングテーブルセットなども良いかもしれません。

あまり転勤のない職種であったり、将来官舎を出て民間の賃貸に移られたり、分譲マンションや一戸建てなど家を買う予定があるのでしたらそこまでコンパクトさにこだわらなくても良いかもしれません。

しかしやはり先行きどうなるかはわかりませんので収納力は重視して選んだ方が良いです。


「コンパクトで収納力がある」家具が一番良いです。

また、湿気がたまりやすい物件に当たった時のことを考え、手入れがしやすく通気性がよければなおベターです。

古い官舎でもおしゃれに過ごす家具デザインの系統

どんな物件に入れるかは、こちらからの希望通りはなかなか官舎では難しいものです。

官舎が新しくても古くても合わせ易いような家具を選んでいくと、どんな引越し先でもおしゃれなインテリアを楽しみやすくなります。

その意味で、北欧系のシンプルモダン家具、レトロ風の家具というのはおすすめですね。


北欧系家具だと明るい色合いですから、暗い色の壁を張り替えられなくてもお部屋の印象がどんよりするのを防げます。

特にレトロ調の木造ソファなどは、古い鉄筋コンクリートの官舎にもよく馴染みます。


また、古い官舎だと湿気がたまりがちなところが多いですから、すのこタイプのベッドやスチールフレームなどの通気性の良い家具もおすすめです。

税込8000円以上のお買い上げで送料無料

カートに入れる

シンプルモダン家具まめ知識

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律550円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」