税込8000円以上のお買い上げで送料無料

引っ越しが多くてもおしゃれな家具を選ぼう

転勤の多い会社にお務めの方や公務員の方で、社宅や官舎などを転々とされるかたでも、モダンなインテリアに憧れる方は多いでしょう。

とはいっても、荷物や家具が多すぎると引っ越しの時に苦労しますし、引っ越しの多い方はなおさらです。

そこで転勤族さんに便利な、家具の選び方について考えてみましょう。
引っ越し

独身の方で転勤が多いかたための家具選び

独身の方については、 「一人暮らしの方」に向けたページでも語らせて頂きましたので基本は同じです。

転勤が多いとあまりに広めのベッドや重すぎる家具はたいへんです。

なので、セミダブルで重厚なデザインより、シングルのロフトベッドやソファベッド、収納ベッドの方がしっかりした作りのものでも重すぎず、引っ越してからの再度組み立てもしやすいです。

官舎や社宅の独身寮などだとあまり広くない部屋にあたる可能性もありますしね。
天井の高さが合うかどうか不安な場合は、高さ調節の可能なロフトベッドだと対応しやすいです。

ロフトベッドの選び方

またダイニングテーブルも、1人用〜2人用のこたつテーブルである程度兼用出来ます。

最近はフラットヒータータイプのこたつが多く、布団のいらないこたつテーブルもあるので、オールシーズンに使いやすいものが見つけやすくなっています。

家具の数そのものは少なめにして、1つの家具の機能性を大事にしたほうがいいでしょう。

ご家族で暮らされているかたで引っ越しの多い方

転勤の多い方もおられるでしょうけど、ご夫婦やお子様を交えた一家分の引っ越しは、一人暮らし以上に大変。

お子様のいないお宅でも最低2人、お子様が2人以上おられたり、どちらかの親御さんと同居ともなれば、必要な家具だけでも結構な量になります。

引っ越しのしやすさを考えると、むやみに荷物を増やさないことが大事。

また、引っ越しをした先の部屋の面積や収納スペースが今より広いという保証はありませんしね。
家賃補助のある無しにしても、転居先の住宅事情はなかなかわからないことも多いです。

職場で住居が用意されるかたでも、転勤先の社宅や官舎がいつも十分な広さが確保されているとは限りません。

勤務先によっても違いはあるでしょうが、家族用の社宅や官舎の部屋でもリビング以外の部屋は6〜4.5畳のところが多いようです。

なので、ベッド派のかたでも、クイーン以上はきついでしょう。
広くてもダブルまでのサイズに止めておいた方がいいということになります。

リビングもそんなに広いとは限りませんので、ダイニングテーブルもなるべく150cm以内の幅に押さえましょう。


官舎の方だと、中にはとんでもなく古いところもありますのでそこでおしゃれなインテリアは?となると悩ましいところです。
スタイリッシュな家具を置いても浮いてしまうのでは?とお思いの方はややヴィンテージ風味の仕上げの木製家具などがおすすめ。

官舎にお住まいの方のための家具選び

古ぼけた官舎などでしたら、いっそアジアンモダンやヴィンテージ調の家具を選びレトロさをほどよく生かすのも手かもしれませんね。

布をたらしたり、棚やソファでカバーすれば、年季の入った官舎もおしゃれな住まいに。

壁に穴をあけずにモダンなインテリア

もちろん、次の転勤で新しくてきれいな官舎に移動出来たら、それはそれでヴィンテージ風味でも合わせやすいインテリアはいくらでもあります。

引越し先に応じて、カバーの掛け方などを変えてみましょう。


官舎や社宅向きのコンパクトでおしゃれな家具

ヴィンテージ風デザインの家具
税込8000円以上のお買い上げで送料無料

カートに入れる

商品一覧

シンプルモダン家具まめ知識

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」