税込8000円以上のお買い上げで送料無料

ロフトベッドはどれを選ぶ?

ワンルームなど、限られた空間を有効に使いたい時に助かるロフトベッド。


しかし、ロフトベッドといっても高さや階段の形状等様々なタイプの違いがあります。
選び方を目的やお好みに合わせて考えてみましょう。

スペース有効活用のロフトベッド

ロフトベッドは寝台が高くなっています。
寝台下のスペースが空き、収納などに使えるため、普通ならベッドでまるまる塞がってしまうスペースも無駄にしないですみます。

また、ベッド下が大きく空くので通気性も良く、かびなどの心配も少なくてすみますしお手入れがしやすいです。
掃除機や箒もベッド下に差し込み易くなっているので毎日のお掃除もしやすいです。

ちょっと低めのロフトベッド

ロフトベッドも高さは様々ですが、標準的なハイタイプのものですと高さが170〜180cmくらいあります。

どうしても高い所が不安な方や、寝相があまりよくなくて落ちるのでは?地震が来た時に落ちたらどうしよう?と心配になってしまう方、またお子様用だと心配になる親御さんもいらっしゃると思います。

ロフトベッドで寝ていて地震が起きたらどうする?

部屋の構造によっては、高い場所だと天井に近く、エアコンの風がダイレクトに当たりすぎるのがどうも気になる、という方もいらっしゃるでしょう。

そんなときにはやや低めのロフトベッドがおすすめ。
150cm前後のミドルタイプから130〜100cm前後のロータイプまであります。


ロータイプともなると、ベッド下にソファを置いたり勉強机を置いたりは難しいです。
ベッド下にはもっぱら収納ボックスや棚を置いたり、服をつり下げたりといった収納場所オンリー的な使い方になります。

階段タイプのロフトベッド

標準的なロフトベッドだと梯子で登りますが、梯子で登るのが足を踏み外しそうでどうも怖い、という方には階段で登るタイプのものもあります。

だいたい3段くらいの高さで、手すり等もついていて登りやすくなっています。

階段つきのロフトベッド


お子様用にするときも安心です。
中学生以上や成人の方でも、朝寝起きがよくなくて慌ててベッドから降りる時、梯子だと転げ落ちないかな?と心配な方も階段だと安定して降りやすいです。

また、布団の上げ下ろしの作業もしやすくなっています。

階段の奥の開いた部分を収納スペースとして活用してもよいでしょう。

小さなお子様のいるご家庭のためのシンプルモダン家具

デスクつきのタイプ

ロフトベッドの中には、ベッドの下にデスクがついたタイプもあります。

広さはそれぞれ違いますが、付属デスクが小さめのものでも、ノートパソコン作業や読書などくらいでしたら十分な広さです。

棚がついていて参考書などを置けるものもありますので日々の勉強や、お持ち帰りのお仕事をこなすにもにも十分な環境です。

デスクの設置場所も様々で、ロースタイルのもの、椅子にあわせて使う高めの位置のタイプのものもあります。

また、高さ調節が可能なタイプのものもあります。

デスクつきのロフトベッド

木製のロフトベッド

ロフトベッドというとスチールパイプのイメージが強いですが、木製のも多くあります。

木のぬくもりの感触が心地よいですが、丈夫なものであるほどお値段も張ります。

ロフトベッド

円形テーブルダイニング
税込8000円以上のお買い上げで送料無料

カートに入れる

商品一覧

シンプルモダン家具まめ知識

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」