税込8000円以上のお買い上げで送料無料

ジョイントマットはどうやって捨てる?

使い続けてきたジョイントマットがくたってきたり穴が空いたりして捨てなければならないことも多くあります。

でも、ジョイントマットのごみの分別はどうしたら良いのでしょうか?
ごみの日にいつ出したら良いのか困ることもあります。

そんなジョイントマットの捨て方について考えてみましょう。
ゴミ捨て

ジョイントマットを捨てる区分が明確な自治体

ごみの分別は何をどの日に捨てたら良いか、自治体の広報紙・公式サイトに細かく書いてあります。

中には、ジョイントマットの分別を明確に書いてくれているところもあります。

相模原市ですと、ジョイントマットは「一般ごみ」として週2回出せると明記されており、コルクマットも同様に処分できます。

ジョイントマットの分別がわからない…


しかし、「ジョイントマット」とそのものズバリでゴミ分別表に書いてある自治体公式サイトは案外少ないのが実情です。

そんな時に着目すると良いのは「ヨガマット」か「キッチン用マット」です。

ヨガマットもいろいろな種類がありますが、一般的なホームセンターやスーパーで市販されているものはEVA素材のヨガマットが多いのです。
ですから、ジョイントマットでEVA素材のものは必然、ヨガマットと同じ区分で捨てることになります。

自治体によっても異なりますが、例えば横浜市ですと「ヨガマット」は「燃やすごみ」に区分されています。
横浜市の場合、折りたたんで燃やすゴミに出すことになっています。
50cmを越えると粗大ゴミになりますので大判サイズは半分に切るか折るかして出しましょう。

調布市や熊谷市もヨガマットは「燃やせるゴミ」となっています。

キッチン用や浴室用の合成樹脂マットも、ジョイントマットと近い素材のものが多くあります。

また、コルクマットはジョイントマットと同じEVA素材にコルクを貼り付けたものですので、「コルクマットの分別はこの区分」と書いてあればそれに準じることになります。



これでもわからない場合は、自治体のお問い合わせで直接確認しましょう。


自治体公式サイトを見て、分別がわからず直接役所に問い合わせる時に係員の人が「ジョイントマットって何?」という反応でしたら「ヨガマットと同じ素材なんですけど」「EVA素材ですが」と言ってみましょう。
そうすると話が通じやすいと思います。

素材だけでなく、大きさによっても扱いが異なることもありますので気をつけましょう。


人工芝ジョイントマットのような、ポリエチレン製のジョイントマットですと、また扱いが異なる場合もあります。

これも燃やせるゴミかそうでないか自治体により異なりますので、公式サイトや役所の問い合わせで確認しておきましょう。



ジョイントマットをどんな風にして捨てたらいい?

これはまず上記のように、ジョイントマットはどの区分で捨てるのかを確認してからにしましょう。

自治体によっては、指定のゴミ袋を使うか否かが、区分によって異なることがあります。
横浜市は指定のゴミ袋に入れます。

例えば燃えるゴミは指定袋、プラスチックは指定の袋でなくてもいいと規定している自治体もあります。

指定ゴミ袋に入れる規定になっていれば、そうしましょう。
ジョイントマットのサイズならば、大きめの指定ゴミ袋なら十分入ります。


入りきらなくても、ジョイントマットならばハサミで切れますから入るように合わせられます。


カートに入れる

ジョイントマット種類別

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」