税込8000円以上のお買い上げで送料無料

ジョイントマット使用の基本的な注意

防音や防寒に便利なジョイントマットですが、正しい使い方をしないと折角の効果も十分現れなくなったり、家を汚したりしてしまいかねません。

ジョイントマットを使うにあたっての、基本的な注意をまずは守りましょう。

ジョイントマットの上では火気厳禁!

いくら床暖房対応タイプのとはいっても、ジョイントマットが耐えられるのは70度までです。

100度を超える、ろうそくや煙草の火には耐えられません。
熱い火に接触させると溶けてしまいます。

ジョイントマットの素材であるEVA樹脂は燃やすと酢酸というツーンとした臭いのする酸が出てきついですし、もちろん火災の心配もあります。

EVA樹脂ってなあに?

ジョイントマットの上では絶対に煙草を吸ったり、ろうそくや線香などの火気を扱わないようにしましょう。

お子様のいるご家庭の場合、いたずら防止や家屋自体の火災防止の意味でも手の届く場所にライターやマッチを置かないことが大事です。

床暖房には必ず対応したものを

ジョイントマットには通常のものと床暖房対応のものとがあります。

床暖房やホットカーペットと併用して使う際は、必ず「床暖房対応」と明記されたものを使いましょう。


でないとヒーターの温度で溶けてしまう事があります。

これはこたつやストーブと併用するときも必ず守りましょう。

時々めくってお掃除をしよう

ずーっとジョイントマットを敷きっぱなしというのはいけません。

スキマからゴミや埃が入り、カビやダニの温床になる事もあります。

表面の掃除はもちろんですが、時々めくってマットの下もこまめにお掃除と風通しをしましょう。

重いものを上に置きっぱなしにしない

ジョイントマットはいちど凹み切ってしまうと戻りません。

凹み切ってしまうと折角の防音性が大幅に落ちます。
クッション性も低下しますので、赤ちゃんの安全対策に敷いている人も困りますよね。


ですから、重い家具を上に置きっぱなしにするのは止めましょう。

敷き詰めるときも、チェストやデスクは避けて敷きましょう。

洗濯機では洗えない!

布製のバスマットと違い、洗濯機で洗う事は出来ません。
水で洗うのは良いですが、手洗いが原則です。


雑巾がけや洗剤でも取れない汚れがしみついたら、その場所のパーツを取り替えることになります。

カートに入れる

ジョイントマット種類別

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」