税込8000円以上のお買い上げで送料無料

一戸建てにジョイントマットって必要?

ジョイントマットと言えば、もっぱらアパートやマンションの防音対策用品のようなイメージがあります。

では、一戸建てにはジョイントマットは必要ではないのでしょうか?
いえいえそんなことはありません。

どんなときに、ジョイントマットが必要なのかを解説しましょう。
一戸建て

赤ちゃんの安全対策に

アパートと違って階下やお隣の家に響く心配がなかったとしても、お子様本人が転んで怪我をする危険性はなくなってはいません。

一戸建ては部屋数が多い分、家事をしているときに目が届かない場所は多くなっています。

ちょっと目を離したすきにどこかに行って転倒や転落事故に繋がることも少なくありません。
ベビーベッドの上から落ちることもよくあります。

赤ちゃんのうちはベビーゲートやドアにロックで行動範囲を制限するのはもちろん、転んだ時に備えて厚めのジョイントマットを敷いておきましょう。

ジョイントマットを赤ちゃんの安全対策に

ベッドからの転落に備え、ベッドの周辺にも極厚のジョイントマットを敷いておきましょう。

一戸建てでも防音は必要

アパート程ではありませんが、一戸建てでもご近所にぱたぱた足音が響く場合はあります。

家の構造にもよりますし、家が密集して建っている住宅地ならば一戸建てどうしでも意外と音が響いたりします。
特に窓を開けているときはよく聞こえたりするものです。

防音の工事はしておくことも大事ですが、工事が間に合わない場合もあるでしょう。
お子様に「バタバタ大きな足音たてちゃだめ」といっても、年齢によってはすぐに躾は入りません。

そんなときはジョイントマットで音を軽減することも大事です。

防寒対策に

リノリウムやフローリング床の冷たさは、一戸建てといえどもかわりません。

むしろ一戸建ての1階の方が地面からの冷たさが響くときもあります。
東北や北海道をはじめとした北国ならなおさらです。

ですから、防寒目的でジョイントマットを敷くのは一戸建てでもありなのです。

セントラルヒーティングなどの暖房ともうまく組み合わせて使いましょう。



ジョイントマットのお求めはこちらから

カートに入れる

ジョイントマット種類別

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」