税込8000円以上のお買い上げで送料無料

イヤイヤ期の子にジョイントマット

赤ちゃんの頃がやっと過ぎたと思ったら、次にやってくるのはイヤイヤ期。

この時期になると、癇癪を起こすお子様が立てる騒音や振動対策に頭を悩ませる親御さんも多いでしょう。
そんなイヤイヤ期にもジョイントマットがおすすめです。
イヤイヤ期

イヤイヤ期ならではの騒音の心配

赤ちゃんの頃も、泣き声やハイハイの音が響くのではないかと気が気ではなかった方々も、イヤイヤ期となればさらに厄介な事態が待っています。

イヤイヤ期の始まる2歳ごろはもう言葉もはっきり喋れる子も多いですし、わかる言葉で喚かれるとそれはそれできついモノです。

癇癪が始まるとダンダン足を踏みならして地団駄を踏み、泣きわめかれることも少なくありません。

2歳を過ぎると体重も増えている時期ですので、感情のままに足を踏み鳴らされるとかなりの振動と音になります。
集合住宅だと気がきではないですね。

腹を立てて、おもちゃやその辺にあるものを投げつける子もいますし、そうなるとまた大きな音が出てしまいます。

頑張ってしつけをしようにも、躾はすぐには反映されません。
叱るとますますギャーン!イヤー!と激しく泣かれ、足をドタバタされて途方にくれてしまいます。


また、立歩きもできる時期ですし、飛んだり撥ねたり悪戯も激しくなります。
ちょっと目を離した隙にダダダと走り回り、飛び跳ねたり飛び降りたりもしたがりますので、集合住宅にお住まいの親御さんにとっては頭の痛い時期です。
叱ればまたギャーン、ドタバタ…

数ヶ月〜長いと一年半くらいがすぎ、終わってしまえばなんということもないイヤイヤ期ですが、最中は先が見えない苦労がいっぱいです。

ご近所の方にも「子供のすることだから」と我慢してもらうには長すぎる期間です。

そんなイヤイヤ期の騒音対策にも、ジョイントマットを使いましょう。


イヤイヤ期向きのジョイントマットはどんなの?

これは赤ちゃんの時同様、極厚タイプのジョイントマットを一択でオススメします。

分厚いほど、吸音性やクッション性はよくなりますので、ドタドタや地団駄の足音も軽減できます。

遊び食べやいたずら描きをしがちな時期でもありますから食べ零しや汚しも多い時期なので、頻繁に入れ替えられるレギュラーサイズ(30cm×30cm)の方が良いですね。

ジョイントマットだけではない対策もしておこう

もちろん、ジョイントマットだけで全てのイヤイヤ期騒音を完全にシャットダウンはできません。

泣き声は床だけではなく四方に飛ぶ音ですので、マットではどうにもならないですし、地団駄まで加わるとさらに音が強くなります。

極厚のジョイントマットを敷いたのにまだ苦情が来る、、というときはゴムシートと組み合わせるなどしてみましょう。


泣き声の対策にはジョイントマットだけでなく防音カーテンも併用すると良いでしょう。

そして、すぐには効果が出なくてもやはり走ったり飛び跳ねたらすぐに叱ることです。

でも叱ってばかりだとお子様も萎縮してしまいますし余計泣き叫びが激しくなることもあります。

日中は公園に連れて行き、思い切り走らせるなどしてお子様のストレスを発散させ、ほどよく疲れさせることが望ましいです。

昨今の厳しい住宅事情だと、近所の公園でも満足にお子様を遊ばせられない環境もありますが、可能な限り、走れる大きな公園を探して連れて行きましょう。



カートに入れる

ジョイントマット種類別

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」