税込8000円以上のお買い上げで送料無料

こたつとジョイントマットは一緒に使える?

冬の寒さが厳しいとき、ジョイントマットの断熱だけじゃとても足りない!
こたつがないときついなあ…と思うことも。

でも、こたつとジョイントマットを併用して大丈夫なのでしょうか?

こたつ

こたつの温度はどれくらいが適切?

一般的なこたつは、内部温度が30〜40度くらいと言われています。

温度設定を「強」にすれば70度近くまで上がることもありますが、温度が強すぎると低温火傷を起こしますし熱いので、そこまで上げることはあまりありません。

体温とのバランスを考えると、普通こたつの設定温度は30度台後半くらいでしょう。

こたつと併用できるジョイントマットとは?

ジョイントマットならどれでもこたつと一緒に使えるわけではありません。

まず、ジョイントマットには耐熱仕様のものとそうでないものがあります。

「床暖房対応」と書いてあるものは70度まで耐えられるようになっています。

しかし、床暖房対応の表示がないものはそこまで耐えられませんし、うっかりこたつの温度を上げると溶けてしまいかねません。
それ以前に人体の方が低温やけどをおこします。

ジョイントマットが溶けると、プラスチック系素材ですので床にべっちゃり張り付いてしまいます。
賃貸の人だと掃除が大変ですし、取りきれないと退去時の費用がかさむこともあります。

ですから、まず絶対に「床暖房対応」と書いていないジョイントマットはコタツと一緒に使ってはいけません。

「床暖房対応」と書いているジョイントマットでも、直接こたつをマットの上に乗せるのはよくありません。

ジョイントマットの上にもう1枚シートを敷いて、熱がジョイントマットに直接当たらないようにした方がいいです。

こたつと併用するときの注意

ジョイントマットとこたつを併用するのであれば、ジョイントマットの上に薄い防音シートを一枚は敷きましょう。
その上に、こたつ布団の敷き布団を敷きましょう。

そして、まず一度大丈夫かテストしてみることが大事です。
こたつの温度は上げすぎないようにして、まず最初にジョイントマットに異変はないか、めくって様子をみましょう。

ジョイントマットがとけているようでしたらすぐこたつを止めて、溶けたジョイントマットはすぐに入れ替えましょう。


こたつと一緒に使うなら、床暖房対応ジョイントマット

カートに入れる

ジョイントマット種類別

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律550円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」