税込8000円以上のお買い上げで送料無料

ベッドにマットレス

ベッドにそのまま布団を敷くわけにもいきませんから(畳ベッドは別として)マットレスが必要になります。
マットレスと本体がセットで販売されている事も多いですが、フレームのみの場合は別途用意する必要があります。
しかし、マットレスもたくさんの種類がありますのでどれを選んでいいか迷ってしまいますね。

マットレスの選び方のポイントを解説しましょう。

目的に応じたマットレスを選ぼう

ポケットコイルやボンネルコイルなどのマットレスは決して安い買い物ではないので、その目的等をよく考えて選ぶことが大事です。

マットレスは堅いか柔らかいか

寝ている時の姿勢は、立っているときをそのまま横たわらせたような形にすることが理想です。

つまり、背骨のS字カーブをキープすることが大事になります。
堅すぎるとカーブをうまくキープできず、柔らかすぎるとお尻が沈んで起き抜けに腰が痛くなります。

基本的には体重の重い人、大柄でがっしりした人は柔らかいものを使うと沈みすぎてしまうことが多いので、「ハードタイプ」などと書かれた硬めのもの、ある程度弾力性を重視した設計のマットレスを選ぶ事をおすすめします。

あとは個人のお好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

ベッドに合わせたマットレス選び

フロアベッドや普通の高さのベッドなどだと、大きく重く分厚いポケットコイルやボンネルコイルマットレスを使っても、設置したり外したりの作業にはさほど問題はありません。

しかし、2段ベッドやロフトベッドだと重く大きなマットレスではかさばるので上に上げるのもひと苦労。
小柄な方だとさらに作業も大変です。

小さなお子様が使うことが多い2段ベッドでは、マットレスの重さの負担はさらに増しますからお子様自身でベッドのお手入れをしてもらうことが難しくなります。

2段ベッドのお求めはこちらから

またロフトベッドはワンルーム住まい等の方も多いでしょうし、ごつくて重いボンネルコイルなどのマットレスでは上げ下ろし作業はもちろん、干し場所確保も大変なときがあります。

こういったロフトベッド、お子様向けのベッドには軽量のウレタンマットレスなどがおすすめ。
ただしウレタンマットレスは蒸れやすいですから、特に2段ベッドの下段、ロースタイルのベッドなどで使う時は
こまめに立てかけて干すのが大事です。

ロフトベッドだと比較的通気性の良い構造が多いですからその点はまだ扱いがラクです。

シンプルモダン家具

モダンなこたつ
税込8000円以上のお買い上げで送料無料

カートに入れる

商品一覧

シンプルモダン家具まめ知識

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」